不動産査定の出し方

不動産価格の査定方法

 不動産価格の査定方法は以下の方法があります。
 1.原価法
 これは、建物の建築や耐用年数などから割り出す方法です。

 

 2.収益還元法
 これは、収益がどれだけ上がるかを元に利回りとして計算して売却額を算定する方法です。
 アパートとかを売買するときに使われたりします。
 ※賃貸物件としてのアパートは、実際に入居している人がいるほうが高く売却されたりします。

 

 3.取引事例比較法
 対象不動産と条件が近い物件の取引事例を多く収集し、取引価格の事例から比較おをこなって算定する方法です。
 なお、算出対象としては、売り急いだ物件などを省く必要があります。
 居住中のマンションや一戸建てなどに使うことが多い算出方法です。

 

 

机上査定と訪問査定

 わたくしたちが普通に不動産取引を行う場合の算定法は、いわゆる取引事例比較法になりますが、取引事例比較法で査定を行う場合、不動産の査定には2つの形があります。
 いわゆる資料等から査定を行う机上査定と現地に行って実際に物件を見て査定を行う訪問査定です。
 ここでは机上査定と訪問査定のメリット、デメリットなどを見てみましょう。

 

 机上査定は、不動産会社が実際の物件を見ずに資料などから査定価格を出す方法なのですが、この方法は実際に現場を見ていないので、具体的に売却を検討している段階ではなく、大よその価格を知りたい時などに便利です。
 業者さんから査定書とかにして査定価格と、その査定額の根拠を知らせてくれます。

 

 訪問査定は、文字通り不動産業者が貴方が売却を検討している不動産を訪問し、土地や部屋の状況、眺望や日当たり等を現場でチェックして査定価格を出すため、机上価格よりもより具体的で実態に即した査定が期待できますので、本気で売却を考えているなら訪問査定の方がより実態に即した結果が期待できるのでお勧めといえるでしょう。
 一般的な不動産査定依頼のやり方としては、最初に机上査定をお願いして、その後に訪問査定をお願いするというケースが多い様です。

 

 訪問査定のデメリットとしては、しつこい営業をかけられる不安とか、ご近所に不動産を売ろうとしている事が分かってしまう事があるなどのケースが考えられますので、業者に念を押しておくとか、イエウールなどの一括査定サイトを使うなどして、事前に業者に査定依頼の際にきちんと知らせておくなどの手段を講じておくのもよいでしょう。

 

 いずれにしてもマンションは部屋の向き、部屋の状況や実際の眺望、日当たりなどで成約価格が動く事も十分にあり得る事なので、机上査定だけでは不動産業者さんもよく分からないケースも有る様です。
 なかには、匂いの問題があったりすることもあるので・・・。